スピルバーグ映画祭







音楽最新ニュース



スピルバーグリンク
公式ページ(英)
スピルバーグ監督
マイノリティ・リポート
キャッチミーイフユーキャン
ターミナル
宇宙戦争
インディ・ジョーンズファンサイト
インディージョーンズ研究所
グーニーズファンサイト


楽天市場





Amazon.co.jpアソシエイト





ここを友達に教える
リンクフリー
宣伝用自動リンク
宣伝掲示板


スピルバーグニュース
Yahoo!画像検索
YouTube
Yahoo!動画検索
YouTube動画検索
goo画像検索
Yahoo!ニュース検索
infoseekニュース検索
Exciteニュース検索
掲示板検索






スターウォーズ
遊戯王ネット
愛内里菜
矢井田瞳
ガンダムSEED
ガンダム



JAL沖縄激安チケット予約
フランス映画一覧
日本代表サッカーニュース
ライブチャットレディ
ネットアイドル
証券会社
質屋
首都圏不動産ネット
都内賃貸アパート
大塚愛ガイド
アジアニュース速報
外車・中古車販売
高級腕時計
ファイナルファンタジー
スポーツ新聞


不動産ナビ
投資ナビ
旅行ナビ
東京23区ナビ
映画ナビ
都道府県ナビ
スポーツナビ
プログラミングナビ
ゲームナビ
美容ナビ




無料ゲームナビ
無料占いナビ

スピルバーグ作品一覧
掲示板
スティーヴン・スピルバーグ

スティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg, 1947年12月18日 - ) は、アメリカの映画監督である。ユダヤ系アメリカ人。オハイオ州出身。

幼い頃から8ミリカメラで自主的に映画を製作する。アルフレッド・ヒッチコックの影響をうけ、1972年発表の「激突!」で注目を浴びる。パニック映画やSF、冒険活劇などさまざまなジャンルの映画を製作し、優れた娯楽映画をつくることで評価を得る。代表作に『ジョーズ』、『未知との遭遇』、『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『E.T.』、『ジュラシック・パーク』、『シンドラーのリスト』など多数。

南カリフォルニア大学への入学を希望したが、2度に渡り入学を断られたため、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校にて映画を専攻した。後に南カリフォルニア大学の名誉教授に就任する。

1993年のアカデミー賞では「シンドラーのリスト」で作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞の7部門を、「ジュラシック・パーク」で視覚効果賞、音響効果賞、録音賞を受賞するという快挙を成し遂げる。

1994年にドリームワークスを設立。

1998年に『プライベート・ライアン』でアカデミー監督賞を受賞した。

2001年に英国王室よりナイト爵を授与された。

現在の妻は女優のケイト・キャプショー。

もっと詳しい説明


私がこの映画に出会った頃はまだ幼少であり、残念乍ら劇場公開は目にしていません。アドベンチャーものといえばインディ・ジョーンズですが、その3部作全部が高画質で見られたのは大変嬉しいことです。 とくに「失われたアーク」、「魔宮の伝説」は大好きな作品ですが、それらのメイキング画像が見られたのはこれだけでも私としては買う価値有りだとおもいました。3部作をばらで買うことを考えれば価格も納得がいくところでしょうか。。。ボックスデザインは雰囲気をよく醸し出していて良い感じです。
この価格で買わなきゃ損です!(私はこれより安い中古価格で購入しましたので、ものすごーく得した気分)特典映像は必見!!大人になった「グーニーズ」はDVDでなければ見られません。わたしはキー・ホイ・クァンのファンで、ずっと彼の成長した姿を見たかったので(ちなみにインディジョーンズBOXの特典DVDでは更に「アップ」でみられます)それだけで満足です!!
1と2では主役(トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス)の立場が変わるのが面白いですね。ただ1の最後で相棒になった女性が2では出てこなかったのが残念でした。しかしながら1も2も気軽に楽しめる作品ですので、観ていて飽きる事はありません。長さも程好いので、何度も観て楽しめる作品だと思います。また特典ディスクも結構な充実振りで「未公開シーン」や「もうひとつのエンディング」等、DVDならではの特典は嬉しい限りです。そして個人的にはトミー・リー・ジョーンズ最高!と言いたいです。
テンポがよくって、2時間を超える作品なのにあっという間に終わった感じ。楽しめました。レオナルド・ディカプリオは年を共に、ルックスだけに頼らない魅力的な役者になっている。これから益々いい役者になっていくと思う。トム・ハンクスは本当にカメレオン俳優、やっぱり上手い。 これが事実に基づいた話と聞いてびっくり。こんな詐欺師だったらだまされてしまうだろうな。一流の詐欺師になる人は、頭脳と人間的魅力(ルックスだけでなく)も備わっているのだとつくづく思った。後味も悪くないし、一流の娯楽作。
巨匠スティーブン・スピルバーグの出世作にして、初期の代表作です。ド田舎の街道で追い越したタンクローリーに追い掛け回され、殺されかけ、ついに対決を決意する・・・。というシンプルなストーリーですが、それが、観る者をぐいぐい引き込む演出の上手さと共に最後まで引っ張っていきます。なにより、タンクローリーの運転手の顔を意図的に出さず、あたかもタンクローリー自体が、悪意を持つ生き物のように描かれており、モンスター映画のような印象ですが、それをアメリカの砂漠地帯を舞台に「明るい」映像の中に「恐怖」を増大させて行くアイデアと描写に脱帽でした。また、この作品は、その後の大ヒット作「ジョーズ」へとつながっています。
なんといっても、怖い!半、鮫の姿はほとんど視認できないが、それが一層恐怖と想像をかき立てる。残酷なシーンはそれほど無いのに、ここまで巨大鮫の恐怖を追体験させられるのは驚くばかりだ。最近のSFXを駆使した映画では、むしろこのリアルティは出せないのではないか。 後半、8メートルの巨大鮫との戦いはシーンに緩急があり、リラックス状態から一気に緊迫したシーンが連続する。というか、こんな化け物どうやって倒すんですか!?
スピルバーグの作品の中では、イマイチ評価が低い作品だが中年になったピーターパンに賛否あったのだろう。主役ロビン・ウィリアムズと、フック船長のダスティン・ホフマンが楽しんで演技をしている。(ティンカーベルのジュリア・ロバーツがあまり美しく撮られていないのが残念)家庭をもってすっかり「飛ぶこと」を忘れたピータパンが 最後に空を飛べるシーンは、ETの自転車が飛ぶカタルシスに近く感動的だ。
私が初めてE.T.の映画を鑑賞したのは中学生くらいだったと思います。最近ユニバーサルスタジオに行き、E.T.をなつかしく思い、DVDを買ってもう一度見てみようと思いました。私には3歳の子供がいるのですが、この子にはまだ早いかなと思いながらも、一緒に見ました。すると、驚いたことに、子供が最初から最後まで、画面にくぎ付けになっていたのです。。。おそるべし、E.T.。。。今では、子供のお気に入りのDVDの1つになりました。。。やっぱり、名作は老若男女を問わず、人に感動を与えてくれるんだなあと実感しました。

クーデターにより事実上祖国が消滅。パスポートが無効になってしまい、帰国も入国もできず空港内で生活するクラコウジア人ビクター、面白そうな題材ですね。それも、たった一人、英語も話せないのだから、ある種サバイバルとも言えるかもしれません。空港でどんなストーリーが展開され、エンディングはどうなるのか、とても、興味をそそられました。ましてや、主演がトム・ハンクスなんだから尚更です。観終わってすぐは、やっぱり観て良かった。さすが、トム・ハンクスと思いました。
この映画は男性が観て納得が出来、泣けます。 女性の方には、彼氏と一緒に観る事をお勧めします。そうする事により、異性の考え方というのがお分かりになると思います。 そしてこの映画は、一貫して愛情について描かれていますので、本当に心温まる、良い映画だと思います。 最後に、この映画が最後になった、ヘップバーンに冥福を。
これまで映画を観てきて、すごく面白かった映画、感動を覚えた映画などに多数めぐりあいました。しかし、「本当に良い映画を観た!」という形容のしがたい不思議な満足感を与えてくれたのは、この「太陽の帝国」と黒澤明の「赤ひげ」だけです。  「そんなに話題になっていないけれど、スピルバークの映画だから一応観ておくか」という単純な動機で観た映画でしたが、少年がゼロ戦のパイロットに敬礼するシーンでは、何故か鳥肌が立ったのを今でも鮮明に覚えています。
子供の無垢で純粋な心・・・傷付つきやすく、はかなく、ただひたむきで。最初観た時は、なぜ、彼の愛は報われないのって涙涙でした。私はこんなにも人を純粋に愛せるだろうかって自問してしまいました。 宇宙人が出てくるとこは、趣味で好き嫌いの意見が分かれるかな? 私はSFぽくって好きですけど。 途中で、あまりにかわいそう過ぎて、見るのを辞めてしまいたくなるのを、ぐっと我慢して、涙しながら、最後の結末にまた涙して、そして心がほんわかする感動を味わってください。かわいそうだから、見ないぞって思いつつ、ふと再度見てしまう作品です。
最初は金持ちの単なる気まぐれだったのかもしれない。しかしそれは最後では助けたいという気持ちでいっぱいになる。自身が放蕩を尽くしていた時間を後悔し、あの時使った金があればと泣き崩れる。全財産をはたいてユダヤ人の命を買うのだがまだまだ救えない人たちがいたのだ。話が実話であるだけに(もちろん脚色もついてはいるのだろうが)感動も大きい。ただ感動だけでなくこのいつまでも語られる迫害の歴史を、考えずにはいられなくなる筈である。
過去、突然消失した船、飛行機が戻ってきた。多くの人たちが不思議な物体と出会った。そして、同じイメージが浮かぶようになった。かれらは、奇妙な山の姿を描き、山にひきつけられて動き始める。地球外生命のメッセージに応じる能力を持っている人たちなのか。 壮大な、地球外生命と人類の出会いの舞台が用意されている。消失していた人たちが戻ってくる。地球外生命との友好的な交流が行われる。さて、これからどうなっていくのか。地球外生命の成人と子どもの姿が登場するのがおかしい。  奇妙な作品をスピルバーグは1980年に作っていたのである。  やっぱり、度肝を抜かされた
在る晩に末娘が放送終了後のテレビと会話するという奇行を始めたことを契機に数々の怪奇現象に見舞われる5人家族の姿を描いた作品で、音楽には『OMEN』シリーズ(1976〜1981年)のJerry Goldsmith、監督には『FUNHOUSE』(1981年)でメジャー・デビューを果した直後のTobe Hooperというホラー映画界ではお馴染みのベテラン二人が抜擢されていますが、製作・原案・脚色をSteven Spilberg自身が担当している上にMichael Kahn(編集)を始めとするSpilberg映画の常連が参加しているので実質的にはSpilberg映画になっており、そのテーマはほぼ同時期に Spilbergが撮った『E.T.』同様に<新興住宅地に住む白人中産階級の家族愛>です。
何年間もナチスに占領されたヨーロッパにアメリカ軍が上陸して戦い、開放する。当然市民は彼らを熱狂的に歓迎する。この作品に登場する(実在の)アメリカの若者たちには感動させられます。 彼らは戦争が好きで参加したわけではない。中流家庭の出身で、どうせ徴兵されて戦争へ行かねばならないのなら自分から志願して「最高の訓練を受けた信頼できる仲間たちと戦いたい」と願う最強の精鋭部隊の彼らは常に第二次大戦の主要な戦いの最前線に赴き、信じられない様な体験をする事となる。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク


Copyright(C) WebShopNavi