モー娘。なび





音楽最新ニュース




モーニング娘。リンク
公式ページ
モー娘。ニュース
キャプチャ画像
DD SITE!
吉澤ひとみ 改
MIDI MONI
シャレモニ
モー娘.com
ギルドモーニング娘。
モー娘。ナビ
およぐネコ(壁紙)
スタジオfs
後藤真希ファン
松浦亜弥友の会
FM226MHz(藤本美貴)
Rica Stream(石川梨華)
SAYUMIAOW(道重さゆみ)
安倍なつみ
REIGN(田中れいな)
GARGOYLE(田中れいな)
矢口真里と過ごす休日
Marvelous(辻希美)
辻加護
Angelic Inspration(加護亜衣)
Lovely Dream(加護亜衣)
eririn.com(亀井絵里)
Active Musume(小川麻琴)
踊るかおりん(飯田佳織)
新垣理沙project
紺野あさ美95%


不動産ナビ
投資ナビ
旅行ナビ
東京23区ナビ
映画ナビ
都道府県ナビ
スポーツナビ
プログラミングナビ
ゲームナビ
美容ナビ


楽天市場





Amazon.co.jpアソシエイト





ここを友達に教える
リンクフリーです
宣伝用自動リンク
宣伝掲示板


モー娘。ニュース
Yahoo!画像
Google画像検索
goo画像検索
Googleニュース
YouTube動画
Yahoo!動画
Infoseek動画
掲示板検索
ブログ
Amazon
楽天
ヤフオク




ビートルズ
ローリング・ストーンズ
エアロスミス
クイーン
ビリー・ジョエル
GLAY
iPod専門店
格安hpデスクノートPC
ロバート・デ・ニーロ
ブラッド・ピット
シュワルツェネッガー
レオナルド・ディカプリオ
トム・クルーズ
オアシス
ジョニー・デップ
エルヴィス・コステロ
タヒチ80
ヘップバーン
香水ガイド
ディズニー音楽
テレビゲーム
後藤真希
小倉優子
原史奈
株式投資ガイド
ドラッカー
ジャック・ウェルチ
バフェット
ビル・ゲイツ
カルロス・ゴーン





映画
サッカー
格安航空券
チャットレディ
ライブチャット
証券会社
首都圏
都心
JPOP
指輪
ニュース速報
自動車
激安ショップ
ドラクエ
芸能ニュース


[無料占い] [無料ゲーム]
モーニング娘。作品一覧
モーニング娘。

名前の由来
* 『モーニングセットのようにいろんなものがお手軽に楽しめるユニット』 ということで命名された。当初つんくが考えていたグループ名は「たこ焼きシスターズ」である。
* 命名時点では「。」は付いていなかったが、ASAYANのユニット名発表でテロップに「モーニング娘。」と表示され、当時司会のナインティナイン岡村隆史が「あの『まる』は要りますのん?」と問いかけたところ、相方の矢部浩之が「要ります!」とノリで即答したため「。」付が正式な表記になった。(注:ASAYANはテロップを演出として多用しており、名詞の末尾に「。」等を付加するのもASAYANに特徴的な演出のひとつである。)

現在のメンバー

* 矢口真里(第3代リーダー・2期) * 吉澤ひとみ(サブリーダー・4期) * 石川梨華(4期・2005年5月卒業予定) * 高橋愛(5期) * 紺野あさ美(5期) * 小川麻琴(5期) * 新垣里沙(5期) * 藤本美貴(6期) * 亀井絵里(6期) * 道重さゆみ(6期) * 田中れいな(6期)

卒業メンバー

モーニング娘。では脱退することを「卒業」という。 * 福田明日香(1999年4月卒業・1期) * 石黒彩(2000年1月卒業・1期) * 市井紗耶香(2000年5月卒業・2期) * 中澤裕子(2001年4月卒業・1期) * 後藤真希(2002年9月卒業・3期) * 保田圭(2003年5月卒業・2期) * 安倍なつみ(2004年1月卒業・1期) * 辻希美(2004年8月卒業・4期) * 加護亜依(2004年8月卒業・4期) * 飯田圭織(2005年1月卒業・1期)



ザ☆ピ〜ス!から愛あらばIT'S ALL RIGHTまでのシングル曲と、新曲YAH! 愛したい!を収録したモーニング娘。のベストアルバム第二弾。 前作のベストから3年(2004年現在)満を持しての二枚目のベストアルバム発売といったところか、私自身どの曲もそれぞれ異なった魅力を持った、素晴らしい曲だと思うが、これから何か新しい事を始める時に聞きたいA.B.G 争い耐えぬ世界に送りたいJ パーティーソング的なノリのいい@ これらの曲は特におすすめだ。 収録曲は前作のベストよりやや少ないが、おすすめできる一枚だと思う。
「愛の種」「モーニングコーヒー」から「恋愛レボリューション21」までのシングル作品を集めたもの。アルバムの様な書き下ろしタイプの作品は含まれない。そのためかとても懐かしく、ほのぼの感が時々心をくすぐる。中澤裕子さんのいた時代までで4期メンバーが初々しくもありはつらつとした歌声を発揮している。1期から3期までのハーモニーとうまく重なった最高の時代の作品と言える。モー娘。として黄金時代を築き卒業を目前とした中澤裕子の声が一段とモー娘。の傑作を作りあげた。CDでは聞き取れない繊細な音感までも表現しているLPレコードとしても発売された。まさにモーニング娘。の最高傑作である。
楽天の応援歌です。応援歌になった経緯は、両方とも次点組からのスタートで境遇が似ているからだそうです。でも、応援歌だからといって応援歌らしくはありません。モーニング娘。らしいテンポのいい曲です。今回は特にセンターというのがなく(でもやっぱり石川梨華かな?)、衣装は古代ギリシャといった感じです。踊りもモーニング娘。らしくなっています。モーニング娘。を最初から支えてきた飯田香織最後の曲が、ずっと歌い続けられていくことを考えると、つんく ♂さんからの最高のプレゼントだと思います。
6期。が成長してきて迫力が出ています。それに、曲によってメンバーが適材適所に振り分けられていて、みんな各々の声がまんべんなく聴けてとても良かった。モーニング娘。といえば、人気知名度で、安倍なつみ、後藤真希や4期メンバーだったかも知れませんが、保田圭(やめてしまって残念)や5期(特に高橋愛、小川麻琴)の方が好きなので今回のDVDはとても満足しています。
後から発売された夏〜秋よりもこちらの方が映像が美しく感じます。 そしてセンターステージは成功ですね!広いステージを余すとこなく使い、またカメラワークも良く迫力が十分伝わってきます。 選曲的にも定番曲はなくとも「盛り上がる系」の曲が多く、飽きさせず満足できる内容となっています。 2枚でどちらか迷っている人がいたら(個人的には)こちらがオススメです!
娘。初のベスト映像版はVHSとDVDで持っている。VHS購入後にDVDが出たため、両方買ってしまったが損をしたとは思っていない。まだ立ち上げ時期の娘。パワーが満載で何度見ても飽きることがない。彼女たち一人一人の表情から伝わる感動はCDでは味わえない。プレデビュー曲といえる愛の種を除いてはセクシー路線だったことがわかる。その集大成がLOVEマシーンであり、この曲で娘。ブランドが確立できたと思う。
(多分)国営放送の協力の下、ハイビジョンカメラを何台も使った超高画質!!中澤裕子卒業後オリジナル〜4期メンバーの円熟のパフォーマンス!立派に5期メンバーの成長した姿、さいたまスーパーアリーナのスケール感、モーニング娘。の魅力をあます所なく切り取られています。 これを見ずして娘。語るなかれ
第4期メンバーとして石川梨華と吉澤ひとみと共らに、モーニング娘。に加入した辻希美と加護亜依!!2004年8月1日に行われたハロプロライヴを最後にモーニング娘。を卒業した。そんな二人の思い出の曲IWISHを14人で歌っている場面は、最高!!涙が勝手に溢れてきます★ 他にも、松浦亜弥の『THE 美学』やモーニング娘。の『女子かしまし物語』や『Go Girl〜恋のヴィクトリー〜』など入っています☆★☆ みなさんも是非見てみて下さい♪


加護ちゃんが実にまぶしい。モーニング娘。のメンバーってどうしてこんなにも純粋で居られるのか不思議なくらい。この写真集はハワイへ行って撮られたものだが、メンバーそれぞれが心から楽しんでいるのが良く解る見ていて気持ちのいいシーンばかり。表(裏)表紙がさくら組、反対面がおとめ組になっている。付録に表紙をポスターにした様なものが2枚(さくら、おとめ)付いている。全ページが高画質高品質。モー娘。本の、大量出版される中どうかな?と思っていても買って良かったと思える一冊。
本格的にビュンビュン魅力を発揮しだした六期メンバーがこの一冊でよく分かっちゃいます☆☆ 先輩達に頑張って追いつこうとする姿、輝いてます。マジで。六期メンバーもさることながら、元祖メンバー、それぞれのメンバー、皆輝いてる!!モーニング娘の進化した可愛さ・セクシーさが一冊に凝縮!!された写真集です☆ 買ってよかったですvv きっと貴方も癒されたり、勇気をもらえたりするんじゃないかと思います!!ゲッツ!ゲッツ!!w
モーニング娘。5周年記念メモリアルPHOTO BOOK(アップトゥボーイの編集版)と、言う事も有り!第一期メンバーから載っている。それに、初期メンバーから、好きな人には、かなりお勧めです。なんせ当時の、石黒・福田が、見れるから僕的には、買って良かったですよ!
僕は亀井絵里さんのファンで、買ったので他のメンバーは興味なかったんですけど、この本を読んだら亀井さんはもちろん他のメンバーもとてもかわいくて好きになってしまいそうです。ダンスレッスンの時のしんけんな顔や、休憩の時のリラックスした顔など楽しんでいるときの笑顔などもりだくさんで満足できる作品で、自分もモー娘と一緒にいるような気持ちにもなれます。おすすめの一品で、これを読まなきゃモー娘のファンをなのれない???ファンじゃない人も楽しめると思うので是非買ってみてください。



# 1997年、テレビ東京系『ASAYAN』(現在は終了)内の「シャ乱Qロックボーカリストオーディション」(優勝は平家みちよ)の落選者の中から寄せ集めて結成したということになっているが、最初から女性アイドルグループを作るためにオーディションを開いたのではないかとする説も根強い。

# 同年、インディーズ曲「愛の種」を延べ5日間でCD5万枚完売の条件によりメジャーデビューが約束され、各地のテレビ局やレコード店などを回り完売させる。販売は、大阪HMV心斎橋店(1997年11月3日)、福岡HMVキャナルシティ博多店(11月9日)、札幌キリンビール園(11月24日)、ナゴヤ球場(11月30日)、東京HMV新宿SOUTH店(12月7日)を予定していたが、最終日を待たずナゴヤ球場で5万枚が完売した。

# 1980年代に人気があった大人数の女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」の路線を狙ったとも言われているが、プロデューサーのつんくは「おニャン子クラブのベースがバラエティであるのに対して、モーニング娘。のベースは楽曲にあると考えている」と語る。おニャン子クラブのブレインである秋元康も、その点について、つんくと同じ考えである。

# メンバーチェンジを繰り返しながらグループを存続させていく方法は、メンバーが脱退しても解散しないグループとして、結成に深くかかわった福田一郎がプエルトリコのメヌード(過去にリッキー・マーティンらが在籍)を参考に提案したと言われている。しかし、当初は、2期メンバー加入時に『これが最後のオーディションで以後新規加入はない』と明確に宣言していたほど、所属事務所はこのグループにさほど期待していなかった。だが、その後の爆発的なブレークと、予想外に脱退したメンバー(福田、石黒、市井)を補充する名目で、その後もオーディションを重ねるうちに、このような形態のグループになった、と見るのが妥当である。どちらにしても追加メンバーオーディションを行うことで、『夢のオーディション・バラエティ』を標榜していた番組「ASAYAN」への継続的な出演が可能になったことが、その後の活動に優位に働いたと言える。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク